アマゾンFBAで損切するかの判断基準【不良在庫処分の失敗】

 

こいつら一体なんでせどりやってんの?

 

 

 

普通、せどりをする目的は利益

得るためだと思うのですが・・・

 

 

 

より利益を残したいのではなく、

 

ボランティアで売れることを楽しんでいるのか?

と錯覚するようなおバカさんがいる。

 

 

 

利益を見込んで仕入れた商品が、

 

意味不明な値引きを繰り返す出品者によって

あっという間に赤字転落の危機まで

 

下がってしまうことを、あなたも

 

経験したことがあるのではないでしょうか?

 

 

市場価格より明らかに安すぎる価格まで

下がってしまうケースがあるのは、

 

全国規模の家電量販店

楽天スーパーセールなどのセール後に

よくありがちなパターンです。

 

 

 

こういうセールではだいたい複数個

仕入れていたりする場合が多い。

 

 

そして、FBA納品後に値崩れが

巻き起こり、身動きが取れなくなる。

 

 

こんな時、どうしてますか?

 

 

 

損切覚悟で値崩れセールに参加しますか?

 

 

 

 

れんとんはさっさと撤退します。

 

 

撤退?

 

なんだと思われるかもしれませんが、

そんな馬鹿な値引き競争に参加するくらいなら

一回出直しましょう!

 

返送手数料って把握してますか?


額はこんなもんです。

初めて知ったとき驚きましたよ。

 

 

大型商品をワンコインで配送して戻してくれる。

 

感動ものですよね。

 

 

 

資金にゆとりがない場合は別ですが、

返送してもこの程度なら、競争に巻き込まれて

何千円安く売るより、はるかに効率的です。

 

もちろん全てが当てはまるわけではありません。

 

 

れんとん的には属性としておもちゃや

ゲームは損切も必要と思っています。

 

商品にポテンシャルがあって

モノレートを見たときに、

 

大丈夫!価格が戻る!と思ったものは

勇気をもって返送することも大事です。

 

 

自分が仕入れてきたものです!

自信を持って判断しましょう。

 

 

 

そうそう

半年前に大量に仕入れた掃除機が

ようやく価格が戻り、やっと売り切りました。

↓ ↓ ↓

ティファール掃除機

 

2回も返送する事態に陥りましたが、

一時期9900円まで暴落した価格が、

1万6000円台まで戻りました。

 

おかげで1個当たり6000円の利益を

上積みできましたよ。

 

 

 

価格が戻ってから、3色で10個売れたので

¥60000の利益を確保できました。

 

 

あの着払い返送事件の時の掃除機です。

↓ ↓ ↓

FBA納品不備?!着払い返送

 

赤字分を補完できてよかった。

 

 

 

一方、矛盾するようだけど、

損切が早急に必要な商品もあります。

 

 

 

れんとん的にはゲームが多いです。

 

 

心情的には、不良在庫を販売して

赤字計上するのが嫌なので、

できるだけ先延ばしにしようとします。

 

 

もう少ししたら黒字に変換するかも

しれないという幻想を持ったりして。

 

そして、いつまでも処理できず、
泥沼にはまっていく…

こんな状況に陥ったりしないですか?

私は結構やりがちです…

この前、損切しとけばよかったのに、

気付けばまたこんなに下がった?

 

 

みたいな状況がやって来るんですね。

なので、最近は、

ある程度の不良在庫は必ず抱えるという

前提で、心構えをしておくこと

を意識するようにしています。

その上で、自分なりのルールを設けて、

そのルールから逸脱した商品は、

バッサリと処分する!

つい最近、限定のゲームが、

ようやく旅立ってスッキリしました。

痛みは伴いますが、

思い切って処分するとすっきりします。

経験的上、不良在庫化したものは

いくら経っても売れだすことは

ほぼないので、

自分の中のルールを決めて、どんどん

処分していく必要があります。

 

 

 

物販、特に有在庫販売をしていると

必ず発生する不良在庫。

 

誰もが持ちたくないものですが、

予測や判断を誤ったりして、

誰もが抱えてしまうものです。

それも一度だけじゃなく、何度も…

何事も勉強!

 

失敗して、経験を積むごとに

そういったリスクを減らしていきたい

ところですが、

完全になくすことはできないですよね。

 

 

人気商品を扱っていたとしても、

世の中の状況が変われば不良在庫と化す

 

可能性はいつだってあるし、

 

新たな商品を開拓していけば、

必ずリスクは伴う訳ですから。

不良在庫を極力減らしたいのであれば、

無在庫販売ですが購入後返品の

可能性もあるわけで、

やっぱりゼロではありません。

 

転売も商売ですからね。

 

ということで、話を戻すと

ある程度の不良在庫は必ず抱えることは

織り込み済みで、心構えをしておくこと

を意識していきましょう。

 

少し気持ちが楽になりますよ。

 

所詮人間が判断してることですから。

0にはなりません。

 

今回は損切する前に考えておくことを

お伝えしました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



この記事を読んでいるあなたが
もし、すでにせどりに取り組んでいたとしたら

必ず情報発信ビジネスも始めるべき。

れんとんがわずか半年という期間で10万円の収益を得ることができたのは
せどりと情報発信ビジネスを組み合わせたから。



今取り組んでいる最中だけど
これがネットビジネス成功のゴールデンルート

多くの成功者たちが通っている道です

しかも飽和することはありません



せどりだけでずっと進むのであれば

いつまでたっても労働収入から抜け出せないのが
現実だったりします。



終わりのないリサーチ作業と
梱包・発送に追われる日々から脱却して


最短・最速の道のりで
人生を変えるには






せどり+情報発信の組み合わせがベストだし
ネットビジネスで成功している人の多くが通るルートです。



私もこの組み合わせで
人生を大きく変えている途中ですし


この記事を読んでいるあなたも私のメンターのように月収を
10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?


そのために必要なステップについて
こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。
↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

まだ配布されているようです^^

最後までお読みいただきありがとうございました。